ホーム > 遺言について

遺言について

遺言でこんなお悩みないですか?

遺言でこんなお悩みないですか?

遺言の書き方に決まりはあるの?
書籍を読んで遺言を書こうと思うが問題なく書けるか心配です。
遺言したいが誰に相談すれば良いかわからないです。

立川市で遺言書作成サポートの実績がある当事務所へ依頼するメリットとは?

当事務所へ依頼するメリットとは?

作成した遺言が無効になる心配がない。
遺言の内容から起こりうるトラブルを想定し、その解決策を教えてくれる。
なかなか人に頼みづらい立会証人になってもらえる。

遺言書作成について

遺言書作成について

自分自身の死後の財産をいかに分配するかを予め決めておく手続きです。
将来、相続人の間で紛争にならないよう、事業財産を特定の人に継がせたい、あるいは法定相続人がいない、内縁の夫(妻)がいる。
動機は様々です。

自分の意思を死後に伝えるための最良の法律的手段です。
従って、遺言をすることによって、遺言者の意思は死後も効力を持ち、遺言に従い相続が行われます。

それだけに、遺言自体が法律で定められた様式にかなったものでなければなりません。
又、遺言しても効力をもたないものもありますし、相続人のために最低限留保しておくべき遺産(遺留分)も民法によって定められています。
遺言を活用しようとする者は、その法律上の意味や効力の範囲を正しく理解した上で、残された者たちが故人の意思を十分に汲めるような心配りが望まれます。

遺言書の種類

◆自筆証書遺言

全ての文章や日付等を、自分の手で書く方法です。(代筆、ワープロ、録音テープなどで作成したものは不可)
証人や立会人は必要としません。誰にも知られずに作成できます。ただし、規定されている形式要件が整っていないとか、表現が不正確であったり、書いたのに発見されない、誰かに改ざんされてしまうといったリスクがあります。
遺言を残す最大の理由が、後々の紛争を防ぐことにあるのですから、作成には法律の専門家に相談したり正確を期する必要があります。又、保管の方法も考えておかなければなりません。

◆公正証書遺言

遺言者が証人2人の立会いのもと公証人の面前で、遺言の内容を口述し、公証人が遺言者の真意を文章とし、遺言とするのが公正証書遺言です。正本は遺言者に交付され、原本は公証役場に保管されますので安心確実といえるでしょう。家庭裁判所での検認手続も不要です。ただし、秘密にできないことと、証人の立会、公証人の手数料が必要となります。又、口や耳の困難者が遺言する場合は、特別な方法(通訳人の通訳)によって遺言できます。

その他・秘密証書遺言・死亡危急時遺言がございます。

それぞれ一年に200件、100件程度と、利用頻度が低いものであり、使い勝手がよくないからか、ほとんど使われていません。

したがって、当事務所では「公正証書遺言」を主として対応しております。

アクセス


大きな地図で見る

■所在地
〒190-0022
東京都立川市錦町3-1-5
ライフ立川101

■定休日
土・日・祝日

■営業時間
8:50~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら