ホーム > 相続について

相続について

相続・遺言でこんなお悩みお持ちではないですか?

相続・遺言でこんなお悩みお持ちではないですか?

相続手続きを放置するとどうなるの?
借金は必ず相続しなければいけないの?
亡き夫と前妻の間に子がいる、前妻の子も相続するの?
相続できる財産にはどんなものがあるの?
相続人のなかに未成年者や行方不明者がいる場合はどうすればいいの?

立川市で相続対応の実績がある当事務所へ依頼するメリットとは?

当事務所へ依頼するメリットとは?

遠方の地域でも速やかに手続ができる。
慣れない不動産の手続を正確かつ迅速に対応してくれるので早くて間違いがない。
法律的なアドバイスを参考にできる。
どこで取るか分かりづらい古い戸籍謄本を取ってもらえる。
相続放棄申述受理申立書など裁判所に提出する書類を比較的低額で作成してくれる。

相続とは

相続とは

相続とは、亡くなった人(被相続人)に属していた財産・不動産や預貯金等プラス財産と借金等マイナス財産が、故人と一定の関係にある親族 (相続人)に承継されることです。
誰がどれだけ相続できるかについては、民法という法律で定められています。
この定められた相続人を法定相続人といい、その相続分を法定相続分といいます。

従ってまず、法定相続人の特定と遺言の有無を確認する必要があります。

遺言が存在しその遺言が有効な場合には、原則として遺言書の内容に基づいて相続しますが、遺言が存在しない場合には、民法の規定に基づいて相続します。
相続人全員で遺産分割協議をして決定する場合と、遺産分割協議をしないで法定相続分によって相続する場合とがあります。

相続手続きについて

ステップ1:相続人が亡くなる

ステップ1:相続の開始

相続は被相続人の死亡により開始します。

 ステップ2:遺言書の有無を確認

ステップ2:遺言書の有無を確認

遺言があれば遺産は原則として遺言書どおりに分割されます。
公正証書遺言は隠匿、偽造、変造されることもないので検認を要しませんが、
その他の方式の遺言書は相続開始後遅滞なく、遺言書の検認を家庭裁判所に請求しなければなりません。
検認は形式(開封の有無,紙質、形状、筆記具)などを調査するものであって遺言の効力を調査するものではありません。
しかし、検認によって遺言書の現状が確定するので遺言の執行は可能となります。

ステップ3:相続財産を確認

ステップ3:相続財産を確認

動産、不動産、預貯金、有価証券などプラス財産と借財などマイナス財産を調査します。

 ステップ4:相続人を確定する

ステップ4:相続人を確定する

戸籍、原戸籍、除籍謄本などで証明します。

ステップ5:単純承認・限定承認・相続放棄の手続き

ステップ5:単純承認・限定承認・相続放棄の手続き

財産の目録をもとにいずれの対応をすべきか検討し、限定承認、放棄の場合はその手続きを行います(原則3ヶ月以内)。
期間の経過は単純承認と看做されます。

 ステップ6:遺産分割協議をする場合は遺産分割協議の作成

ステップ6:遺産分割協議をする場合は遺産分割協議の作成

相続人全員が協議をして誰がどの財産をとるか定めます。
協議がまとまれば遺産分割協議書を作成します。

 ステップ7:遺産の分配・名義変更・相続登記を行う

ステップ7:遺産の分配・名義変更・相続登記を行う

不動産の所有権移転登記、車や有価証券の名義変更、預貯金の解約などの手続きを行います。

相続に関する必要書類一覧

被相続人に関する書類 相続人に関する書類 相続財産・債務に関する書類
被相続人の出生当時から
死亡まで在籍していた一連の戸籍

(除籍・改製原戸籍・戸籍)の各謄本

被相続人の戸籍の附票
または住民票の除票

遺言書(遺言書がある場合)
相続人全員の戸籍謄本

相続人の住民票
(相続登記を受ける者)

遺産分割協議書
(遺言書がない場合)

相続人全員の印鑑証明書

特別代理人の選任決定書
(相続人が未成年の場合)
不動産
名寄帳・登記簿謄本
(又は登記事項証明書)
土地・建物の権利証
(登記識別情報、登記完了証)

固定資産評価証明書
建築確認書、引渡書など
(未登記の建物がある場合)

その他
預貯金・有価証券・動産・債務など
分割の対象があればその明細
アクセス


大きな地図で見る

■所在地
〒190-0022
東京都立川市錦町3-1-5
ライフ立川101

■定休日
土・日・祝日

■営業時間
8:50~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら